公開履歴
多様な薬と薬のケース

病院で受けられるAGA治療の種類ですが、よく行われているのがフィナステリド薬を用いる治療です。
フィナステリド薬の作用としては、脱毛を食い止める効果がメインになります。
AGAというのは脱毛物質が増加する事で発生する脱毛症であり、脱毛物質が高濃度に見られる事で薄毛が促進します。
つまり脱毛物質を食い止める事がAGAから回復する為の必須手段であり、その為にもフィナステリド薬が活躍してくれます。
フィナステリド薬は脱毛物質を抑えてくれますので、それによって毛周期も正常になりますし、発毛し易い状態に導く事ができるのです。

ただし、フィナステリド薬を利用するだけでは効果的なAGA治療は難しいとされています。
その理由はフィナステリド薬には発毛を促進する効果が無いからです。
脱毛を抑えられても発毛するとも限りませんので、発毛させる為には発毛を促進する為の対策も併せて行う事が望ましいとされています。
発毛を促す為のAGA治療もありますが、その際に利用されるのがミノキシジル薬です。

ミノキシジル薬は発毛効果のある成分ですが、医学的にもきちんと効果が認められている希少な成分とされています。
今までは明確に発毛効果が認められた成分はありませんでしたが、ミノキシジル薬は臨床試験もクリアしてきちんと発毛効果がある成分として認められているのです。
ミノキシジル薬を利用した事で発毛が確認されたケースも多々あるようですし、フィナステリド薬と併用する事によって効果的に発毛させる事が可能とされています。

ちなみにミノキシジル薬には外用薬として塗るタイプもあれば、タブレット錠の飲むタイプもあります。
特にタブレットは内から作用するという事もあり、塗るよりも高い効果があるとされているようです。
ベーシックなAGA治療は以上のようにフィナステリド薬とミノキシジル薬を利用する方法ですが、これらの成分を利用した注射治療もあります。
フィナステリド薬を飲んだりミノキシジル薬を塗ったりするのも効果的ですが、注射治療によってそれらの成分を直接頭皮に注入した方が高い効果があるとされています。

ダイレクトに有効成分を頭皮内部に届ける事ができますので、効果を重視される方に最適の治療法かもしれません。
ただし、治療費が高いのが短所です。
治療薬を飲んだりするよりもコストが掛かりますので、多くの方は注射治療よりも、内服薬や外用薬を利用して対策する事が多いようです。